旧帝大合格を目指す宅浪生のブログ

宅浪で旧帝大合格を目指す受験生のブログです。受験生の役に立つ情報を中心に発信中。

【受験生向け】計算力が上がるおすすめ問題集3選

ノートとボールペンの画像
ノートとペン

こんにちは

旧帝合格を目指す宅浪生(@takuroudegokaku)です。

今回は数学の計算力をあげたい人におすすめの問題集を紹介します。

計算ミスを放置するのは危険

問題演習や模試で計算ミスをして正しい答えを出せなかったという経験は誰しもあると思います。

そんな時に「解法は間違えてないから問題ない!」で片付けてませんか?

それ、危険です。 計算ミスを放置するのは非常に危ないです。

入試本番での計算ミスでの失点は不合格に直結する可能性が高いです。

特によく計算ミスをするという自覚がある人は早急に対応すべきです。

おすすめ問題集

まずはボリュームが少なく、短期間で取り組みやすいものからご紹介します。

数学が苦手な方や分厚い問題集は避けたいという方におすすめです。


1.ドラゴン桜式数学力ドリル


数学ⅠA、数学ⅡB、数学Ⅲ の3冊に分かれています。

ⅠAは10日間、ⅡBは15日間、Ⅲは12日間で終わるように構成されているので、短期間で基礎的な計算力を完成させることができます。

スラスラ解けるようになるまで繰り返したら基礎はバッチリです。


新課程版 ドラゴン桜式 数学力ドリル 数学1・A (KS一般書) [ 牛瀧 文宏 ]



新課程版 ドラゴン桜式 数学力ドリル 数学2・B (KS一般書) [ 牛瀧 文宏 ]



新課程版 ドラゴン桜式 数学力ドリル 数学3 (KS一般書) [ 牛瀧 文宏 ]

ドラゴン桜式数学力ドリルを数回繰り返し、基礎が十分身についたら次のステップに進みましょう。

ドラゴン桜式を完璧にした後はより実践的な問題集でさらに計算力をアップさせましょう。

これから紹介する問題集はかなりレベルも高く、ボリュームもしっかりありますが、余裕があるなら取り組みたいものです。


2.数学の計算革命


一日5分間で取り組める計算問題が26週間分用意されています。

1単元を1週間で行います。週の後半にかけてより難易度が上がり、解きごたえもかなり出てくるはずです。

また、出来るだけ途中式を書かずに解くなど“速く解く”ことにも重点を置いた問題集です。

これを完璧にすればセンター試験など短時間で正確な計算力が要求される場面で有利になること間違いなしです。


数学の計算革命改訂版 (駿台受験シリーズ) [ 清史弘 ]


3.合格る計算


こちらも計算に特化した問題集で、数学ⅠAⅡB、数学Ⅲ、場合の数+確率 の3冊に分かれています。

問題数は計算革命よりは少ないですが、3冊合わせると同程度でしょうか。

計算問題のみならず、計算の技術や数学的思考などに関してより突っ込んだ解説がなされています。

かなりレベルは高いですが、これを完璧にすれば計算ミスの回数は激減するでしょう。


合格る計算数学1・A・2・B 大学受験 (シグマベスト) [ 広瀬和之 ]



合格る計算数学3 大学受験 (シグマベスト) [ 広瀬和之 ]



合格る確率+場合の数 大学受験 (シグマベスト) [ 広瀬和之 ]


まとめ

計算力をつけることは軽視され、対策を怠られることも多くありますが、大学入試において計算力は重要な要素の一つです。

必ず対策はするべきです。


•計算力にあまり自信がない人は→「ドラゴン桜式計算力ドリル」を完璧にしましょう

•さらに実力をつけたい人は→「数学の計算革命」or「合格る計算」シリーズのどちらか一方を繰り返しましょう


ここまでやればあなたの計算力は素晴らしいものになっていることでしょう。

計算ミスも無くなり、計算が速くなることで落ち着いて問題を解くことができるようになっています。

計算力をつけて数学を得点源にしましょう!

下のバナーをクリックして当ブログを応援していただけると嬉しいです!(決して怪しいリンクではありませんのでご安心を!)

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

おすすめの記事

www.takurodegokaku.com

www.takurodegokaku.com